忍者ブログ
・・・枢のこと・・・。
Admin*Write*Comment
[62]  [61]  [60]  [59]  [57]  [58]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 体温が上がると浮かび上がる。

 鏡に映るその痕。
普段は隠しているその場所。

 片目を閉じる。
もう片方を、ゆっくりと開ける。

 ・・・白と黒の境界線が曖昧な世界が広がる・・・。
あれは、こんな物なんだろう・・・と、何処かで納得している。

~ アンオフシャルが嫌な方は、ここで戻りましょう ~

 ・・・それが、初めて感じたことだった。
その後には、必ずその感情が・・・付いて回った。

 ・・・何も感じなかった。
何も必要ないから。
何も持ちえてないから。
 ・・・今は、違う。
それがあるから・・・枢は、生きてると認識できた。
それがあるから、今・・・存在している、理由。

・・・ずきん、ずきん・・・

 ・・・片目を失うかもしれない傷を負った時、何も感じなかった。
ただの痛みとしての認識しかなかった。
その後、末の兄様が・・・枢を個として、扱ってくれた。
・・・必要としてくれた。
― 嬉しかった ―
 ・・・護ることで、必要とされた。
強くなる度に、傷を多く負った。
・・・傷を負うと・・・あの感覚がやってきた。

・・・ずきん、ずきん・・・

 ・・・胸の奥が、痛くなる。
目に見える傷はない。
それは、決まって起こっている。
枢自身が、嫌悪対象になった時・・・。
目の前から・・・その人が居なくなった時。
・・・そのモノが、枢にとって・・・必要だったと、理解出来た瞬間。
何度も何度も、そこは『痛い』と・・・訴える。
・・・どうすることも出来ないのに、枢を苦しめる。

・・・ずきん、ずきん・・・

 ・・・痛い・・・
自分が何処にいるか、理解できる。
 ・・・いたい・・・
生きてると、知りえる証。
 ・・・イタイ・・・
胸の奥で訴えるように響く、手遅れの標。

痛みは、枢にとって・・・ただの『痛み』では、なくなった。
 この痛みこそ、枢にとっての生きがい。
今、ここに生きていると・・・認識できる物。
PR
COMMENT
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
 ・・・暇を見て書くから、更新日は疎ら・・・。        依頼のぷれは出発日。 いらすとの感想などは完成日。
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
閂 枢
性別:
女性
自己紹介:
鋏角衆×白燐蟲使い
[外見]
 右目を前髪で隠し、赤眼。
青白い銀髪をショートカットに切り揃えてある。―が、うなじから少量だが尻尾のように一房だけ(毛先は膝位まで有)束ねてある。
 体型は華奢だが意外にグラマー(着痩するタイプ)
 右耳に菫青石のピアス、左薬指にシンプルな指輪を着用。


===========================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は各絵師様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
===========================
感情
『入学理由:土蜘蛛戦争の結果、~』本業のみ               同族=同僚                           土蜘蛛の巫女=お得意様
『入学理由:土蜘蛛戦争の結果、~』以外                      上記以外の能力者=顔見知り                                                          依頼参加者=冒険仲間                                             黙示録同行者=戦友
ブログ内検索
最新CM
[05/15 枢]
[05/09 洵]
[01/19 夜刀]
[10/26 枢]
[10/25 名無しの手紙]
カウンター
枢からの質問
Copyright©Chrom All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 /Template by Kaie / 忍者ブログ /[PR]